明日は七夕です。

明日、7月7日(金)は七夕です。
手賀の丘少年自然の家にも先日七夕飾りとお願い事を書く短冊を1階ロビーに設置しました。
沢山のご利用者様の願いが短冊に込められています。

ところで七夕は織姫と彦星が1年に1度だけ会える特別な日。
なぜ1年に1度だけしか会えなくなってしまったかというと、
二人は結婚してから仕事をサボってばかりいたので怒った
神様が天の川を隔てて離れ離れにさせてしまったからなのです。

けれども神様はさすがに二人のことが可哀想だと思い、7月7日に限り
会うことを許した、そんな日なのです。

実際の空でも七夕の日の夜に晴れていれば織姫と彦星を観ることができます。

21時頃東の空を見上げて見て下さい。
手賀の丘少年自然の家周辺ですと天の川は残念ながら観ることができませんが、
織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)はきっとみることができますよ。
(七夕物語には登場しませんが、はくちょう座のデネブと織姫星、彦星を線で結ぶと
三角形ができあがります。これを「夏の大三角」と呼びます♪)

ちなみに、
8月に入っても上の図の星は夜に観ることができるので、
天の川を観てみたい方は街の明かりや車のライトなどが少ない山や
海などに行った際にぜひ空を見上げて見て下さいね。